土地境界測量・登記・建物登記・官公庁への各種申請は愛知県豊田市の須藤事務所へご相談ください

―土地に関して―

土地の登記

「表示に関する登記」のほとんどの場合、所有者に申請義務が課せられており、新たに土地が生じたとき、または変更があったときから1ヶ月以内に法務局に申請しなければなりません。

申請書の記載や添付書類・添付図面の作成など煩雑な手続きもありますので専門資格者である土地家屋調査士にご相談ください。

土地分筆登記

登記簿上、一筆の土地を二筆またはそれ以上に分ける登記です。

土地合筆登記

登記簿上、複数の土地を1つの土地にまとめる登記です。
合筆登記をすることによって登記簿は1つになります。しかし、合筆前の登記簿の地目や所有者が違っている等、合筆できない場合もあります。

土地地目変更登記

現況の土地の地目が、登記簿に書かれている地目と変わったときにする登記です。

土地地積更正登記

登記されている面積と、実際の面積が異なる場合に、登記記録を実際の面積に修正する登記です。分筆登記に伴って行われることもあります。

土地表題登記

公有水面(海・湖など)を埋め立てたり、国有地である無地番の道水路を払い下げたりするときに行う登記です。
登記されていない土地について土地表題登記をすると、登記簿が作られ、表題部に、所在、地番、地目、地積、所有者が記載されます。